うっそうとした杉の木立の中にたたずむお寺はパワースポット

うっそうとした杉の木立の中にたたずむお寺はパワースポット
大雄山最乗寺

おでかけレポート

大雄山最乗寺はうっそうとした杉の木立の中にある大きなお寺です。
本堂を始めとした堂塔は30余棟に及ぶとのことで、見どころがたくさんあります。
また階段の総数は705段あるとのことで、特に奥の院までの階段は350段を一気に登らなくてはなりません。
すごくイイ運動になります。
しかし裏側には坂道のルートもありますので、階段を避けたい方はそちらからのルートをおすすめします。
院内には、天狗の像や天狗の履いたという大きな下駄があったり、樹齢600年と言われる杉の木があったりして、大きなパワーに守られている感じがします。
私は急に思いついて訪れてしまいましたが、事前に堂塔の名称や特長などを調べてから訪れるとより一層興味深く散策できると思います。
パワースポットめぐりのスタンプラリーもやっているようです。
詳細は下記HPをご覧ください。
https://daiyuuzan.or.jp/

*アクセスやWEBサイトなど

大井松田ICから20分ほど。
250台分の無料駐車場があります。
大雄山の駅前エリアから最乗寺方面に進んでいくと、途中からうっそうとした杉木立に囲まれた道となり一気に雰囲気が変わります。



おでかけギャラリー

院内の様子

階段の様子
奥の院に続く階段は長くて急です。
イイ運動にはなりますが、高所恐怖症の方は怖いかもしれません。
裏側には坂道のルートもありますので、階段が苦手な方は坂道ルートを利用すると良いです。

大きな下駄と紅葉の様子。
訪れたのは2022年11月上旬でしたが、少し紅葉している木がありました。
本格的な紅葉はもう少し後の方が良いようです。

*わんこデータ

性格 : 人懐こい
サイズ: 大型犬

ログイン

会員登録

パスワードをリセットする

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。